アルダラクリームの特徴や効果、使用上の注意点を詳しく説明します。

アルダラクリームとは

アルダラクリーム アルダラクリームとは「尖圭コンジローマ」を治療する塗り薬です。べセルナクリームのジェネリック医薬品として販売されています。新薬は1袋約922円に対して、ジェネリックは1袋約810円とお安くなっています。

尖圭コンジローマを治療するには、最低でも1箱(3袋)必要で、ウイルスを完全に除去するには3箱(9袋)必要です。治療にはやはり数が必要になってきます。価格に関してはジェネリック薬をオススメします。

多く買えばもちろん単価は安く抑えられますし、余ってしまっても予備として常備しておくこともできます。アルダラクリームの主成分、「イミキモド」がウイルスの増殖を差し止め、尖圭コンジローマを癒やします。また、日光角下症も治療してくれます。アルダラクリームは病院処方だと泌尿器科にて処方が可能です。

薬局などで販売許可が国内ではまだないので店頭で購入する事はできません。そうなると日本では専門医の診察、処方せんが必ず必要になってきます。一方で個人輸入にて購入する事が可能です。インターネットの普及が進み現在では通販で海外医薬品を購入するのが主流になりつつあります。

一般に個人輸入代行と呼ばれています。個人輸入代行について詳しく後程説明します。

クリーム アルダラクリームは使用方法も簡単で1日1回適量を手でのばして週3回就寝前にイボへクリームを塗りこみます。起床後(塗ってから6~10時間後)に洗い流すか又はシャワーを浴びる事で清潔に保つ事ができます。

イボの症状が消えても最低でも1週間は塗り続ける事が大切です。菌が体内に残っている可能性が十分考えられますが、再度発症する恐れを防ぎます。実は見た目が変わったからといって完治ではありません。副作用としては塗った部分が皮膚反応を起こし、痛み、発赤、腫れを起こします。

これは薬が効いている証拠であり、だんだんと時間を掛けて治っていくので、副作用については忍耐と我慢が不可欠です。ずっとイボに悩んでいた人が2週間塗り続けて新しいイボの出現が止み、1ヵ月後にはイボがだんだん無くなってきたという口コミが多数報告されており、アルダラクリームの効果は確実とみられています。そのアルダラクリームの購入の流れ、効果や使用上の注意について書いていきます。

購入方法と注文の流れ

  • 「お薬なび」では会員登録が必要になります。
    購入者の利便性を考慮し、次回購入の際の手間を省きます。
  • 注文に関してはインターネット、FAX、MAILで24時間受け付けています。
    日中であれば電話注文も可能です。
  • 入金確認後に追跡番号をMAILにて送信するので、
    郵便局のHPで追跡番号を入力で荷物の追跡が可能となっています。
  • 送料に関しては全国一律で1,000円となります。
    10,000円以上の購入者には送料無料となります。

商品到着まで5~14日程度と認識しておいて下さい。海外発送なので少々時間を必要とします。
国際書留郵便のくくりでの発送となる 為、原則により時間指定はできません。
※仕事の都合等で自宅に戻るのが遅い時間の方の場合「会社宛」などの発送も可能なのですが、「お薬なび」は推奨していません。薬事法の関連で税関にて足止めされる可能性が高んります。個人名宛の発送以外では、チェックが厳しく、税関を通過できないケースも少々ありますので注意が必要です。

尖圭コンジローマの治療薬アルダラクリーム(イミキモド5%)を通販

アルダラクリームの特徴と効果

アルダラクリームの成分である「イミキモドがウイルス」に効果を発揮します。ウィルスの増殖を抑え、尖圭コンジローマの再発防止にも定評があります。尖圭コンジローマはセックスによって感染する仕組みとなっており、「ヒトパミローマウイルス」が主となって惹き起こす皮膚の異常のです。

本当にごく稀なのですが、入浴時にうつる事例があります。感染後から数週間~7ヵ月程で発症する可能性があり、性器、肛門付近にとがったイボを少なからず、複数発症します。そのまま放置するとイボの数が次第に増え肥大化していきます。その尖圭コンジローマに対し有効成分の免疫調整剤「イミキモド」が働きかけ、ヒフの免疫細胞の働きをあおり、「サイトカイン」という「αインターフェロン」を放ちます。

代表的な尖圭コンジローマをはじめとし、細胞の異常な増え方を差し止め発症前の状態に戻す作用があります。一方世間では尖圭コンジローマの対処法は、イボ自体を切除、または取り除く事が必要となります。その点でアルダラクリームは薬のみで治す事が可能なので、オススメです。尖圭コンジローマは早い治療が重要です。発見次第すぐに対策をとることが早期治療につながります。

アルダラクリーム使用上の注意点

CAUTION アルダラクリームはまず、口の中に絶対に入れてはいけません。尖圭コンジローマの症状が出ても、肛門や膣の内部には決して使ってはいけません。

さらに「イミキモド」に対する過敏症状がある方、患部にほかの外用薬を使っている方の使用は控えるのがよいでしょう。また、粘膜部分である「目、鼻孔や唇」にクリームがはいった時には、純水で入念に洗いながし、専門医への相談が必要となります。

また、患部に塗り忘れたからといって、過度な量(二回分)の量を塗るのも避けましょう。発症していないヒフへの使用も避けるようにしましょう。

アルダラクリームを使用したコンジローマの治療は、イボをなくすことではありません。コンジローマの原因であるヒトパピローマウイルスを除去することが目的となるので、塗ってからイボが消えても使用をやめず、2~3ヵ月塗り続けてください。

アルダラクリームジェネリックは1箱に3袋しか入っていませんので、じっくりと治療するためには3箱ほど必要かと思われます。また、イボの発症箇所によっては注意が必要で、多くの場合は問題なくクリームを塗っていただいて構わないのですが、尿道口や、膣内などデリケートな部位に発症してしまった場合は、切除が必要になってきます。

面倒かと思いますが、とても大切なことなので、必ず病院に行き、取り除いてもらいましょう。肛門管内に発症した場合、その原因の多くはアナルセックスだといわれています。そのケースは2割の確率でHIVを併発していますので、イボの外的切除とともに、必ず怠る事なくHIV検査を受けてください。コンジローマに有効とされている内服薬は今のところありません。

しかし病院でゾビラックス(抗ウイルス剤)、メソトレキセート(抗ガン剤)、ヨクイニン(漢方薬)などが処方されるケースもあるようです。しかしあまり効果に対する期待はかなり薄いので、クリームの使用をオススメします。

個人輸入代行

「個人輸入代行」と聞くと、少し怪しく感じてしまう人もいるでしょう。インターネットの普及率がどんどん高くなっていく中、一昔前に比べると国内での通信販売を利用する人が日々多くなってきているのが現状です。

しかし、国内での通信販売とは少し違います。日本国内において販売許可がおりていない海外医薬品などは、個人輸入で購入する事ができます。個人輸入という言葉だけでも疑いたくなります。ですが、しっかりと「薬事法」に基づき法を犯すことなく輸入する事ができます。

通院費や診察費用にプラスしてアルダラクリームの代金となると、かなりの費用がかかってきます。

一方で通販での購入となると、掛かってくる費用は送料とアルダラクリームの代金となるので、病院までの行く時間などを考えるとメリットしかでてきません。

さらに、自由に自分のタイミングでいつでも注文ができるという点でもメリットの一つと言えます。日本国内には海外医薬品を個人輸入している業者が数あります。その数ある中で全ての業者に信頼があるわけではありません。「偽物」を扱う業者も少なくありません。

ではこの場合どうやって信頼できる業者を選ぶのか。信頼度の高いサイトを一つあげると「お薬なび」という通販サイトになります。「お薬なひ」は品質は勿論、知識を持った専門家による安全性の確認、しっかりとした管理、購入時における個人情報の取り扱い等、全てにおいて慎重に行っており。

「偽物」がでたや、配達時のトラブルなどの話は一切あがってきません。
アルダラクリームの購入はお薬なびをオススメします。

尖圭コンジローマについて詳しく見る

ジェネリック医薬品

お金

すでに、ジェネリック医薬品について知っている方もいると思います。ここ最近では風邪をこじらせて病院へ行く方がほとんどだと思うのですが、実のところ病院で処方される薬もほとんどが「ジェネリック医薬品」を処方する流れになってきています。「ジェネリック医薬品」とはなにか。一言でいうと「ジェネリック医薬品」は後発薬になります。後発薬があるという事は先発薬もあります。

ここでは「ベセルナクリーム」が先発薬、「アルダラクリーム」が後発薬になります。先発薬というのは先に世に出て来た薬です。そのベセルナクリームを世に繰り出すために掛かったコストは我々では想像がつかない金額だと思います。ベセルナクリームを開発するための研究費用、人権費、臨床実験費用、モニターする方々、パッケージのデザイン、挙げるとキリがありません。

これだけではありませんが、この工程を経て国が認可し、初めて販売されます。その際は開発した製薬会社が「特許」を取得し、他の製薬会社はベセルナクリームの成分等を真似た医薬品を作れなくなります。一応会社ですので、開発に掛かった費用は回収しなくてはなりませんので、回収目的で販売します。

特許の効力は様々ですが、その特許の期限が切れた後に、後発薬が精製されます。ベセルナクリームと同等の成分で、研究費用や開発費用は先発薬程のコストをかけずに「アルダラクリーム」を世に販売する事が可能になります。成分が同じなら安いアルダラクリームを購入したいと思うのが当たり前です。そこで病院処方も患者に対して安く済む様にジェネリック医薬品を処方するようになっています。

中にはジェネリック医薬品が信用できないという方もいますが、成分も一緒で厚生労働省が認可している物なので安心して使う事ができます。この先もジェネリック医薬品はどんどん世の中に出てきます。これからはジェネリック医薬品が主になっていく世の中になりますので、今までの薬価に対してのイメージも変わってくるかと思います。

成分や効き目が同じで安く購入できるなら間違いなく、ジェネリク医薬品を購入するのが良いでしょう。ここでは「アルダラクリーム」ということになります。

尖圭コンジローマの治療薬アルダラクリーム(イミキモド5%)を通販