治療薬の購入は通院か通販かどちらが良いのか、実際の体験談とともにご紹介します。

◆通院と医薬品通販の比較

性病になってしまったかもと落ち込んでいるそこのあなた。
初めての人は病院に行かなきゃ、でも少し恥ずかしいと感じている人が多いと思います。
また、慣れてはいけませんが、経験がある方はまた診察代がかかるのは嫌だなと思う方もいるかもしれません。そこで通院と通販での薬の購入を比較してみようと思います。
紹介するのは尖圭コンジローマにかかってしまった男性のお話です。

尖圭コンジローマにかかってしまった男性の話

男性器にイボが出来てしまいました。
過去にも出来たことがあって、そのとき医師に診察してもらったとき尖圭コンジローマと診断されたのです。
再発するといわれていたので、すぐに今回のイボも尖圭コンジローマだとわかりました。
しかし、今回は病院に行かないことにしました。
というのも、診察料や交通費などの費用がかかってしまうためです。
でも、このまま放っておくわけにはいかないので、アルダラクリームを通販で取り寄せて使用しました。
これは過去に医師に処方してもらった医薬品であり、そのとき調べていて通販でも購入できる事を知っていたのです。
なぜドラッグストアではなく通販かというと、こちらのほうが送料を含めても安かったからです。
尖圭コンジローマは性感染症なので、その治療薬でもあるアルダラクリームを対面で購入するには抵抗がなかったかといえば嘘になります。
やはり、知らない店員さんだとしても恥ずかしいものです。
そして、通販サイトで申し込みしてから2日後に届いて、その日の寝る前に塗りました。
使用し続けてから2週間ほど経った頃から劇的に効果を実感するようになりました。
以前もアルダラクリームを使用していたせいでしょうか、効果が早く現れたように感じています。
3週間目にはほとんど目に見えるイボはなくなりましたが、念のため4週間ほど使用しました。
また今度尖圭コンジローマが再発したら、また通販サイトで購入して使用しようと思っています。

この方は以前にも尖圭コンジローマに感染したことのある人でしたね。
このような場合、経験とは強いもので、病院に行かずともその症状でなんの病気かわかるものです。
こうなれば、診察代や交通費が抑えられる、通販での購入のほうがもちろん費用が抑えられますね。
初めての場合は、不安も疑問もあるかと思いますので、病院で検査や診察をしてもらうほうが、精神的に良いかもしれません。その時処方してもらったお薬が足りなかったり、残りの菌が心配な場合など通販が使えますね。
どんな場合でも大切なことは放置しないことです。
性感染症はその名の通り感染します。
自分はこれっきり性行為を行わないという人はいないと思います。
性行為を繰り返し、そのウイルスを広めないようにしなくてはいけません。
あともうひとつ、性病は放置し重症化すると、薬の服用だけじゃ済まなくなる場合があります。
たいへん危険であるHIVを併発したり、女性は不妊症や子宮頸がん、男性は無精子になってしまったり、今後の人生を大きく左右する病気になりかねません。
また外的手術もできれば避けたいです。
そのためには少しでも違和感を感じたらすぐに治療を始め、完治を目指すことです。
性病を甘く見ては絶対にいけません。

性病を防ぐ方法を詳しく見る

性病治療薬を通販